東和フードサービス(3329)の株主優待が到着しての感想!苦味があって甘いものにピッタリです。

優待銘柄を100以上保有している ペンギン(@pengin_kabu) です。

今回は東和フードサービス(3329)の株主優待に関しての情報をお伝えしています。

 

ペンギン
東和フードサービスの株主優待って何が貰えるの?
そんな疑問に写真付きで答えるよ。

東和フードサービスの株主優待について

株主優待の内容

【株主優待品】
優待食事券 500円券
⇒返送することで自社商品と交換が可能
(*保有株式数によって、貰える枚数が異なる)

100株以上<4月末>3枚   <10月末>2枚
200株以上<4月末>4枚   <10月末>3枚
400株以上<4月末>7枚   <10月末>7枚
800株以上<4月末>14枚   <10月末>14枚
2,400株以上<4月末>24枚   <10月末>24枚
4,000株以上<4月末>36枚   <10月末>36枚

この記事で紹介している株主優待は「100株以上:2枚分の自社商品詰合せ」の優待品です。

確定月と到着日について

【権利確定月】
4月末日・10月末日

【優待はいつ届くのか?】
・権利確定月が4月の株主優待は7月に届きます。
・権利確定月が10月の株主優待は翌年1月に届きます。
(*返送する場合は、優待商品券を返送してから1ヵ月後ぐらいに自社製品が届きます。)

届いた自社商品(返送による交換)がこちら

ブレンドコーヒーが到着

簡易郵送で株主優待が到着♪
東和フードサービスの優待が到着

 

椿屋珈琲という箱が入ってました
東和フードサービスの優待品

 

中を開けるとコーヒー粉らしきものが5袋入ってました
東和フードサービスの優待

 

商品をならべてみると下記のような感じです。
東和フードサービスの優待の中身

  • 椿屋珈琲 椿屋ブレンド × 5個

優待券1000円分なので商品は少なめ。

おそらく送料込みで1000円分のような気がします。実質の優待内容は500円程度でしょうか?

株数を増やすと菓子類もついてくるようですね。

実際に株主優待品を飲んでみた感想

香り豊かな苦味のある ブレンドコーヒー でした!

裏面に美味しい入れ方の記載があります♪
東和フードサービスのコーヒー

 

切り取り線があり開封しやすいドリップになっています
東和フードサービスのコーヒー

 

コーヒーの良い香が漂います(*’ω’*)
コーヒーを注ぐ前

 

お湯を何度かに分けて注いていきます
コーヒーを注ぐところ

 

出来上がりです♪
コーヒー

苦味に深みがあって、美味しいコーヒーでした。

これは甘い菓子といっしょに食べたくなりますね。

癖になりそうなくらい苦さがある珈琲でした。

何をしている会社なのか?

東和フードサービス

東和フードサービス株式会社(とうわフードサービス)は、東京都港区に本社を置く外食チェーン店を展開する企業。

引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

一言でいうと「多種に渡る外食チェーン」です。

カフェ・パスタ・鉄板焼きなどの専門店を展開しています。

東京にお住まいの方なら一度は見たことがあると思います。

企業の業績について

不況時でも業績は大丈夫?

2008年~2011年のリーマンショック期の業績がどうだったかに注目して見てみましょう!

東和フードサービスの業績

リーマンショック時のダメージ大(^^;

2008年をピークに、しばらく売上高の減少が続きました。

近年は少しづつ回復していたのですが・・・コロナショックが直撃。再度、売上高が減少しています。

外食業なので不況耐性はやはりもろいですね。好景気時の爆発力に期待したいです。

まとめ

本日は東和フードサービスの株主優待を紹介しました。
最後にまとめます。

  • リーマンショック時に大きく売上を落としたが近年はだいぶ回復傾向にある
  • 株式の保有数が多いと、貰える優待券の枚数も多くなる
  • 優待券を返送することで自社商品詰合せが貰える

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

以上、ペンギン(@pengin_kabu)でした。
敬礼