【今月はいつ?】株主優待の権利日を調べる >>

【GMOクリック証券】クロス取引のやり方を徹底解説!

GMOクリック証券

「クロス取引、聞いたことはあるけど具体的な流れがよくわからない」

そんな方は多いのではないでしょうか。この記事では、GMOクリック証券を使ったクロス取引の方法を画面キャプチャーを使って分かりやすく解説しています。

GMOクリック証券の特徴は、クロス取引銘柄の在庫が意外と多く取り揃えてありクロス取引をするには穴場の証券会社となっています。メインの証券会社で在庫が確保できなかった場合に、GMOクリック証券を探してみると意外と見つかったりするのでオススメです。

口座を未開設の方はこちら

\ 1日の約定代金100万円まで取引手数料0円/

GMOクリック証券の口座開設をする

目次

【最初に】クロス取引の流れを掴もう!

クロス取引の流れ

基本的な流れは上記の通りです。

「クロス取引って難しそう…」と思っていた人もいると思いますが実は超簡単だったりします!なんと、上図のたった3ステップだけで出来ます。

この記事では、手順を画面キャプチャーなどをたくさんつかって丁寧に説明しているので、ぜひ参考にしてください。

ステップ①:信用売りの注文をしよう

クロス取引の手順①
クロス取引の手順①

ステップ①の信用売りの注文は、権利付最終売買日の営業がはじまる前(午前8時59分まで)に行う必要があります。

また、権利付最終売買日が近づくにつれて取引できる在庫は少なくなっていきます。このため、早すぎず遅すぎず、タイミングを見計らうことが肝心です。

「信用売り」の操作手順

STEP
クロス取引する銘柄を決める

1-1.株式タブから「優待」をクリックする

 

 
1-2.一般信用売りを選択し、各条件を入力後「検索」をクリックする

  

 

1-3.クロスしたい銘柄をクリックする

 

 

STEP
信用売りの注文する

2-1.信用売りの注文を入力する

【入力は間違えずに慎重に!】
・市場 ⇒ 東証
・口座 ⇒ 特定 or 一般(普段取引で使っている方でOK)
・取引区分 ⇒ 一般信用
・注文タイプ ⇒ 通常
・売買区分 ⇒ 売
・取引数量 ⇒ 株主優待取得に必要な株数
・指値/成行 ⇒ 成行にチェック
・執行区分 ⇒ 寄成 or なし
・有効期限 ⇒ 当日



2-2.信用売りの注文完了!

ステップ②:現物買いの注文をしよう

クロス取引の手順②

「ステップ①の信用売り」の注文が完了したら直ちに「ステップ②の現物買い」の注文を出しましょう。日をまたいでしまうと、それぞれのポジション(信用売り・現物買い)で保有価格が異なってしまい、損失を被る可能性があります。

株価変動リスクを回避するためには、信用売りと同じ日のタイミングで行うことが重要です。

「現物買い」の操作手順

STEP
現物買いの注文をする

1-1.クロス取引する銘柄をして検索する

 

 
1-2.現物買いの注文入力をする

【入力は間違えずに慎重に!】
・市場 ⇒ 東証
・口座 ⇒ 特定(普段取引で使っている方でOK)
・取引区分 ⇒ 現物
・注文タイプ ⇒ 通常
・売買区分 ⇒ 買
・取引数量 ⇒ 必要な株数
・指値/成行 ⇒ 成行にチェック
・執行区分 ⇒ 寄成 or なし
・有効期限 ⇒ 当日

 


1-3.現物買いの注文完了!

ステップ③:現渡しの注文をしよう

クロス取引の手順③

クロス取引の最後のステップです。

現渡をして今までのポジションを決済しましょう。なお、この注文は権利付最終売買日の19時00分以降に注文するようにしてください。15時30分より前に注文してしまうと当日約定扱いになり株主優待優待が貰えません。

「現渡」の操作手順

STEP
現渡の注文ページに移動する

1-1.株式タブの「信用縦玉」をクリックする


1-2.「返済」をクリックする

STEP
現渡の注文をする

2-1.株数などを入力して「確認画面へ」をクリックする



2-2.「注文確定」をクリックする



2-3.現渡の注文完了!

ここまで作業すればクロス取引が完了です。
あとは株主優待が到着するのを待ちましょう!

ペンギン

クロス取引の手順で分からなくなってしまったら当ブログを参考にどうぞ!ブックマークしておくといつでも見返せて便利です。

以上、ペンギン(@pengin_kabu)でした。

クロス取引について解説中!

目次